自然派ブドウ栽培方法のひとつであるリュットレゾネとはどのような栽培方法なのでしょうか?リュットレゾネの秘密について探ってみましょう。

リュットレゾネとは?

リュットレゾネは2004年にフランスに導入された「減農薬栽培」の方法です。
(la) lutte raisonnée (ラ)リュット レゾネと書きます。 lutteは「闘い、(ある目的のための)対策」そして、raisonné(e)は「よく考え抜かれた」という意味があります。
直訳するとすれば「(環境汚染に対するために、)よく考え抜かれた対策」ということになるでしょうか。
英語ではサスティナブル (sustainable=持続可能な、 地球環境を保全しつつ持続が可能な産業や開発などについて) の意味になります。
土壌の状況を判断して、必要な時だけ化学肥料や農薬などを使用する事から減農薬農法、または対処農法とも呼ばれています。完全無農薬ではありません。
できる限り農薬の量を減らし、環境に最大限配慮したうえで農薬の使用を必要最小限にするブドウ栽培方法です。

リュットレゾネは合理的で環境とのバランスがとれた農法

厳格なブドウ栽培で知られるビオディナミは、ビオロジック(無農薬・化学肥料無使用)に加えて、月の満ち欠けや天体の運行なども併用したある種スピリチュアルな側面を持つ栽培方法であることもご存知の方もおられるかと思います。
これら全てを完璧にしようとすると、経営者側や特に小規模なドメーヌにはさまざまな弊害や経済的リスクにつながります。
尋常でない手間と労力、素材の無駄など、全体的に不利益を被る状態とならないようバランスをとりながら、環境に優しい範囲で合理的な判断で栽培される方法がリュットレゾネといえます。
好印象のビオディナミに対して、一部のワイン生産者から強い反発が起きたことも事実のようです。
技術の発達の恩恵を受けつつ、極端な化学物質排除ということではなく、経済合理性も受け入れながら農作物を栽培する自然なスタンスが、リュットレゾネということになります。