ノンアルコールにも自然派ワインがあるのをご存知ですか?どんな種類のものがあるのでしょうか?そんなちょっと個性的なノンアルコール自然派ワインについて迫ってみましょう。

ノンアルコールの自然派ワイン=ブドウジュース?

飲んだ瞬間、思わずむせてしまいそうになるほど、濃くて甘くておいしい・・。
そんな有機栽培のブドウをふんだんに使用し、ブドウ本来の美味しさを生かした100%ストレートジュースがノンアルコール自然派ワインとしてもカテゴライズされています。
また、これらはワインを飲むことができない妊婦さんにもお薦めできるのは安心です。またブドウの甘みがストレートに味わえるので砂糖を加える必要がなく、不使用のものも多いです。
ビオディナミ農法でブドウ栽培をする醸造所のものでも、お値段は安価で1,000円台で多数見つけることができます。
赤以外に白ブドウのスパークリングなどもあり、こだわりのノンアルコール自然派ワイン、是非おすすめです!

エリザベス ジュ・ド・レザン・ガゼイフィエ(白)/ドメーヌ・エリザベス
Domaine Elisabeth Jus de Raisin Gazeifie Blanc / Domaine Elisabeth

有機栽培のスパークリングの白ブドウジュース!
造り手のドメーヌ・エリザベスは、生産者で苗木職人のブリュノ・アリヴェは親子4代に渡るコニャック生産者です。
そして彼の妻側のDomaine Elisabethの責任者でもあります。
1997年からビオロジック(有機農法)を取り入れており、ジュースやワイン、コニャックだけでなくブドウの苗木そのものもビオで生産しています。
ブドウ本来の味わいと風味を最大限に引き出す事と、農薬の無いクリーンな土壌を後世に残す事が彼のモットーです。そんなこちらのノンアルコールは、ビオロジックで造ったジュースです。
味わいは、アプリコットやカリン、ミント、リンゴのコンポートの香りです。
細かく繊細な泡立ちの中に、ネクターの様なとろみのある果実そのままの甘みや、細かく繊細な泡立ちとのバランスが絶妙!ハチミツのような風味が余韻に残ります。

オット・トラウベ 有機グレープジュース/ ベルンハルト・オット
(OTT Bio-Traube Grape Juice/ Weingut Bernhard Ott)

ビオディナミ農法で評価の高いオーストリアの「ベルンハルト・オット」が造る、有機グレープジュース!
オーストリアの銘醸地Wagramの北西部フォイヤースブルンで1世紀以上継承されているワイナリーです。
2006年からはビオディナミ農法を実践しており、除草剤や化学肥料、殺虫剤を使用せず、ナチュラルなワイン造りを行っています。
自然農法のツヴァイゲルトの濃縮した果実味と繊細なピノ・ノワール種の2つの品種のブレンドによって、思わずワインを想わせるような深い味わいは、ワイン醸造用ブドウならでは。
濃厚でフルーティな1ランク上の味わいが楽しめます。

※「ファルスタッフ誌」 最優秀醸造家(2008年度)
※ オーストリア国内最大のワイン専門誌「Vinaria」が最高ランクの5つ星の蔵元!