自然派ワインは行き届いた温度管理が必要だということでワインセラーの存在もクローズアップされるようになってきました。ワインセラーはあった方がいいような気もしますが必要?ということで自然派ワインとワインセラーについて迫ってみましょう。

ワインの温度管理

最近は手頃な値段のコンパクトなワインセラーの取り扱いがあるお店も目にするようになりました。
その理由は、ネットショップなどで美味しいワインを以前より手軽に買うことができるようになって、自宅保管のニーズが高まったことにありそうです。
一度飲んで美味しかったワインは、まとめ買い割引を利用される方も増えたため、どうしても気になってくるのが温度管理という訳なのでしょう。
ワインを美味しくいただくのに、温度管理は欠かせないですが、やはり必要なものなのでしょうか?

自然派だから・・・というのではなくても湿度と温度管理は一定に保つことを心掛けましょう

温度管理に関しても、賛否両論あるようで、ネット上の意見を一読してみたところ、地方部と都市部にお住まいの方の意見には開きがあるように思えます。また、酒屋さんと一般の人とでは、お酒類の取り扱いの慣れも違いがありますので、難しい問題ですね。
ある程度面積の広さが確保可能な、東京以外の場所にお住いの方の意見と、東京・大阪など人口密集地のマンションなど集合住宅にお住まいの方とでは、神経質になる度合い(の温度差といいますか)が若干異なり、どうしても密閉度の高いマンションにお住まいの方の方が、几帳面にワインセラーを探そうかな・・・と構想を練る方向になってしまうのではないかと想像できました。
というのも、梅雨時から残暑の厳しい湿度の高い日本の夏に、密閉した部屋に常温でワインを放置することがそろそろ難しい気候変動を誰もが感じているからではないでしょうか。
自然派ワインでなくても、長期熟成型のいい赤ワインなども「ひと夏越すのはちょっと危険では・・・」ということで、いっそ飲んでしまおう!と思いきった選択をする方もいらっしゃるかもしれません。

結論:ワインセラーは必要なものではないが、都市部ではあるとベターかも

ワインセラーが必要か必要でないかという問題は、ワインの取り扱いに慣れているかどうかとそのものに対する熱意にも比例するかもしれません!
少なくとも、40度を超えそうなゲリラ豪雨の発生しやすい夏場には、大きな冷蔵庫の空きスペースに、ワインを横にして入れておきたいですが、なかなかそうもいかない場合は、小型のワインセラーはあると便利ですよね。
最近では1万円ぐらいのものがあるということで、活用されている方もいらっしゃいました。

ワインショップのセラーシステムを活用

また、最近では大手インターネットワインショップを持つ会社では、月極めで倉庫に預かってもらえるシステムがあります。お願いしたいワインの本数など一区画の契約から、ワインを預かってもらえるので安心です。
大きな冷蔵庫も、床下収納も、さらには押入れもないような方は必要かもしれませんし、そうでない方もいらっしゃるので、あると便利なシステムですね。
ただ、引き出すのには少し時間を必要とすることと、手元に置いておくような楽しみは味わえませんので、二次的な活用の方法になるかもしれません。
上質ワインを常に6本以上確保されているような方には便利ではないでしょうか!