自然派ワインを飲む場合、酸化防止剤の果たす役割やワインの瓶の中でも働いている役割などお互いの関係を知っておく必要があるかもしれません。自然派ワインと酸化防止剤について探ってみましょう!

酸化防止剤とは?

ワインに使われる酸化防止剤とは「亜硫酸塩」である事がほとんどです。
亜硫酸塩には二酸化硫黄、亜硫酸ナトリウム、次亜硫酸ナトリウム、ピロ亜硫酸ナトリウム、ピロ亜硫酸カリウムなどがありますが、総称すると「亜硫酸塩」と表示できます。
また、一般的には二酸化硫黄(SO2)が使われることが多いようです。

一方、酸化防止剤は、書いて時の如く「酸化防止の目的で使われる成分」と思われる方も多いですが、実際のところはそれよりも殺菌のために使うのではないだろうか?と考察されている方も多いようです。(もちろん造り手によって、酸化防止剤使用の量や使うタイミング、意図も違いますが。)
酸化防止剤の主な役割は下記のようになります。

① 原料のぶどう果汁の酸化を防ぐ
② ぶどうに付着していた腐敗菌などの有害微生物の繁殖を防ぐ
③ 発酵段階で出るアルデヒドのような不快な香りの成分を除く
④ 出来上がったワインの酸化を防ぐ

酸化防止剤を添加するタイミングは?

そのため、酸化防止剤を添加するタイミングは、次のような時が一般的です。

① ぶどうの段階
② 果汁の状態
③ 発酵段階
④ 瓶詰する時

ぶどうの果皮にはもともと多くの酵母菌が付着しており、それがワイン造りに大きく影響を与えます。
中には腐敗の原因になる、ワイン造りに好ましくない細菌が付着していることもあります。
これを踏まえた上で、全く無添加にすることを選ぶというのは、農作物の加工品として考えるとかなりリスキーな選択をしている?とも考えられるかなと思います。
しかし、世界の中には地域の気候によっては農薬はなしで、醸造方法によっては酸化防止剤も全く加える必要がなく、美味しいワインが造れてしまうということもあるようです。