自然派ワインと呼ばれる中に「無添加」をうたっているワインがあるのをご覧になられた方もいらっしゃるかもしれません。そんなワインはどのようなメリットがありデメリットがあるでしょうか?無添加ワインについて探ってみましょう。

そもそも無添加ワインとは、どんなワインのことを言うのでしょう? 

一般的な無添加ワインとは、「無添加」の名の通り、「酸化防止剤」を添加していないワインの事をさしています。
酸化防止剤が果たす役割は、酸化を防止するだけではなく、ブドウの状態の時、ワインを造る時、ワインが出来て瓶詰めされた後に大きなディフェンス作用を果たしている「抗菌作用」が大きいようです。
天然無添加がなんとなくいいような、好印象・好イメージがひとり歩きしていますが、なんとなくムードでそれを選ぶのではなく、内容を理解した上で無添加ワインを選択している自覚(とまでおおげさな話でもないのですが・・・)情報の取捨選択は買う側に求められていることは知っておく必要がありますね。

無添加ワインのメリット

  • ブドウそのものの味を楽しめることができる
  • ブドウの農薬不使用まで遡れば、かなりピュアな状態のワインを飲むことができる
  • 身体に影響のない安全で健康的なワインを自分は選んで飲んでいるイメージが持てる

無添加ワインのデメリット

  • 抗菌効果・防腐剤の役割を果たす亜硫酸塩が使用されていないので、品質の劣化が大きいワインを買いやすい(最初から劣化したワインを買わされていることに気付かないことも!?)
  • 開封後も味が変わりやすい
  • 管理には適切な温度管理を施す必要があり、保存しにくい
    (買った後ですが、取扱いが通常のワインよりよりデリケートになることを念頭に買いましょう)
  • 都市伝説がいろいろある・・・(買う側の判断に委ねられているため、ある程度の知識は必要かも!)